ラシックス 膠原病の全身性エリテマトーデス

膠原病の全身性エリテマトーデスでラシックス(50代/女性)

今から20年ほど前の事ですが、最初は体重が急に増え太ったと思い込んでダイエットを始めました。
しかし、どんなに頑張っても体重は落ちない。落ちない所か身体が段々きつくなって起きている事さえきつくなりました。
そして毎晩夜になると激しい頭痛で眠れず、食事も何を食べても苦く感じるようになりました。

 

ある日、お客さんが来て一緒にお茶を沢山飲んだのですが、尿が全く出なくなりました。
びっくりして、足を押さえてみると浮腫みが酷く驚きました。
次の日、慌てて病院に行くと尿に淡白が沢山出ているとの事で、利尿剤シラックスが処方されました。
しかし、余り効果が無く身体のだるさが日に日に酷くなり総合病院にも何度か受診したのですが、血液検査にも異常がなく利尿剤しか処方されませんでした。

 

そのうち、自分の中でこれは尋常ではないと言う胸騒ぎがして、休日在宅医を受診した所、そこの先生がとても丁寧に見て下さり、直ぐに腎臓専門の先生のいる総合病院を紹介して下さり、受診しました。
すると、即入院を勧められそのまま入院となってしまいました。

 

とりあえず、一ヶ月の検査入院と言う事で、その日から毎日血液検査、エコー検査、CT、と全ての科で検査を受けました。
それと同時に利尿剤も処方され一日の尿の量を測りましたが、やはり出が悪いと言う事で途中から利尿剤の静脈注射に変わりました。するとすぐに尿意がありトイレに行くと計量カップが重たくなるほど尿が出始めました。一度行ってもまたすぐ尿意がありトイレに行く、午前中何回も行きました。
すると、2週間で体重が9キロも減り、全て尿で浮腫んでいたことがわかりました。

 

しかし、それから暫く経っても病名がわからず、検査の繰り返しでした。
先生の説明では、色んな検査をして削除法で病気を探しているとの事でした。
その頃には、唾液、汗、涙、身体から出る液体全てが出なくなっていて、おまけに左半身に力が入らなくなってしました。病名が告げられ治療が始まる頃には歩く事も出来なくなっていました。

 

そしてやっと判ったのが、膠原病の全身性エリテマトーデスと言う病気でした。それから2ヶ月の入院治療で、沢山の薬と一緒に出たのでラシックスの値段は判りません。
副作用も、兎に角入院している間に、血糖値が下がり、血圧も下がり、立ちくらみが酷く倒れたりと沢山の症状が出ていたので、どれが副作用かわかりません。

 

浮腫みはループス腎炎からの物と聞かされました。私は腎臓を免疫異常で傷つけられたようでした。
現在も、利尿剤は飲んでいませんが、病気の活動を抑えるために数種類の薬を飲み続けています。


→ラシックスジェネリック「フレティック」の詳細はこちらから